生酵素サプリのタイプ

生酵素カプセルの効果とは!?

更新日:

生酵素カプセル

酵素ドリンクは加熱されているため、生の酵素を摂ることができません。

そこで、最近注目を集めているのが、生酵素サプリです。

その生酵素にもいくつかの種類があり、特にカプセルタイプが主流となっています。

ここでは、そんな生酵素カプセルの効果やメリット・デメリット、その中でも特にオススメの生酵素サプリなどについてご紹介していきます。

カプセルタイプの生酵素の効果とは?

一時期は酵素ドリンクがかなりブームとなり、ファスティング目的で使ったことがあるという方も多いと思います。

ただ、酵素ドリンクは瓶詰めする際に加熱処理しなければならないということが法律で定められています。

そのため、熱に弱い消化酵素や代謝酵素はほとんど失活してしまっている状態となってしまいます。

また、パウダータイプのものも加熱が必要となります。

そこで今人気が出てきているのが、非加熱のソフトカプセルを使った生酵素サプリです。

実際に酵素ドリンクから生酵素に変えてから、

「肌がキレイになった」

「ほかの商品ではなかなか痩せられなかったけど、生酵素を始めてからダイエットに成功した」

「便秘が改善された」

などといった口コミがたくさんあります。

生酵素サプリには、酵素だけでなく、様々な原材料を熟成・発酵させて得られたエキスに含まれるビタミン・ミネラル・アミノ酸や乳酸菌なども豊富に含まれているため、美容や健康幅広い目的で活用することができるのです。

非加熱のソフトカプセルを選ぼう

ただし、カプセルであっても加熱されているものもあるため、生酵素を選ぶ際には事前にチェックしておく必要があります。

基本的にカプセル化する際には熱を加える必要がありますが、特殊な製法を取り入れることで、高温を加えずに生のエキスをカプセルに充填することができます。

加熱されていない生酵素で有名なものとしては、「ジプソフィラの222種類の植物発酵エキス」や「OM-X」、「丸ごと熟成生酵素」などがあります。

カプセルのメリット

カプセルのメリットは先程もお話したように、しっかりと「生」の酵素を摂ることができるという点です。

活性のある酵素を摂るためには、48℃以下で処理されている必要があります。

他にも、カプセルなので持ち運びが便利、コスパがいい、味が気にならない、カロリーが気にならないといったメリットがあります。

カプセルのデメリット

カプセルタイプのサプリのデメリットとしては、食事の置き換えができないというところです。

酵素ドリンクのように液体ではないので、ファスティングをする際にお腹が満たされません。

また、カプセル化する際に添加物が必要となってしまいます。

もちろん添加物には無害なものが使われていますが、エキスを包み込むためには、被包材などの添加物を使う必要があり、その分配合できる発酵エキスの量も少なくなってしまいます。

オススメの生酵素

数あるサプリの中でも、「まあるい旬生酵素」は最も効果を実感することができたサプリです。

「まあるい旬生酵素」は、粉末でもペーストでもカプセルでもない、丸剤という新しいタイプの生酵素サプリです。

丸剤

丸剤にすることによって、無添加でつくることができ、また配合できる生酵素の量も増やすことができます。

この製法によってカプセルタイプのデメリットをうまくカバーしているのです。

飲み方としては、食前や食後、運動前などのタイミングで摂取することで、消化や燃焼をスムーズにすることができます。

>>まあるい旬生酵素の詳細はこちら

 

 

数あるサプリの中から選んだ満足度No.1生酵素はこちら

 

まあるい旬生酵素
まあるい旬生酵素は効果ある?実際に購入してレビュー

酵素はドリンクタイプのものだと加熱処理が必要となってしまうため、最近では非加熱の生酵素サプリが人気があります。 その中でも、まあるい旬生酵素は、カプセルでもドリンクでも粉末でもない新しいタイプの酵素サ ...

続きを見る

-生酵素サプリのタイプ

Copyright© 生酵素のススメ , 2021 All Rights Reserved.